コースに出る為の持ち物

2011年02月21日

コースに出る為の持ち物

私がゴルフを初めて3回目で100を切れた理由はこちらぴかぴか(新しい)

前回、ゴルフに行く為の持ち物を書きあげましたが、今回はコースに持って行く物を確認の為に書いてみます。

まず、ゴルフシューズは、着替えの際に履き替えますくつ

最近は、スパイクレスを履く方も増えてきましたが、これを家からそのまま履いてきて、コースに出ると言う事は止めてくださいふらふら

これは、マナーですexclamation

クラブは、基本パターを入れて14本以内と決まっています。

普段仲間の人達とコースに出る場合は、厳しくはないですが、いずれ大会などに参加される予定のある方は、常に意識していきましょう。

ウッドの種類ゴルフ

・1番(ドライバー)
・2番(ブラッシー)
・3番(スプーン)
・4番(バフィー)
・5番(クリーク)

1,3,5番の3本あれば、十分です。
ウッドが苦手な人はドライバーだけでも構いません。


アイアンの種類

・2番、3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番
・PW(ピッチングウェッジ)
・SW(サンドウェッジ)
・AW(アプローチウェッジ)

PWと、SWは用意した方が良いですが、アイアンの番号は、自分の使いやすい番号を選びましょう。

7,8,9番は、AWの代わりにもなります。

後は、パターが必要です。

その他にも、ユーティリティーアイアン等があるので、自分が使いやすいクラブと入れ替えていくと良いでしょう。

ボールは、ゴルフ初心者の方は、お店で売ってるロストボールで構いません。

コースに出ると、池や川、崖などOBの中にボール回収が不可能な場所が多くあります。

1コースにボール1つを無くしても大丈夫くらいの準備をして行きましょう。

グローブの予備をキャディバックに入れておきましょう。

右利きの人は、左手にはめます。左利きの方は右手です。

両手用もありますが、好みで構いません。

滑り止めの為につけるので、グローブはゆるめよりも、きつめ位で丁度良いです。

メーカーに寄ってサイズや、はめ心地が違うので、お店の人に聞いてみるのも良いかも知れません。

ティーですが、ウッドでティショットする時はロングティ、ショートコース等でアイアンでティショットをする場合は、ショートティを使います。

ティもショットの後、見失ったり、回収するのを忘れたりする事があるので、有る程度の数を用意しておきましょう。

マスター室の前にスコアカードと鉛筆とマーカーが一緒に置いてあるので、この3点を忘れずに持ってコースに出て行きます本

後は、ティフォーク、タオル、天候に合わせて、ウインドブレーカーや、雨合羽などが必要です。

私がゴルフを初めて3回目で100を切れた理由はこちらひらめき

posted by ゴルフマナーさちこ at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。